先端光量子科学アライアンス

Advanced Photon Science Alliance

English

拠点紹介

概要

先端光量子科学アライアンス(Advanced Photon Science Alliance, APSA)とは、次世代光源開拓とその高度利用による新しい光量子科学の発展をめざし、東京大学、理化学研究所、電気通信大学、慶應義塾大学、東京工業大学の研究グループが密接に連携し、相補的な協力により、研究と人材育成・教育を行う世界をリードする拠点を形成すること目的とした事業である。本事業は、文部科学省の光・量子科学研究拠点形成に向けた基盤技術開発「最先端の光の創成を目指したネットワーク研究拠点プログラム」(Photon Frontier Network)のもとで「光波の完全制御技術による光科学」をスローガンとし実施されている。光格子原子時計を用いた超高周波数安定光源の配信実験、アト秒科学などを推進すると共に、光源技術を支える物質科学を開拓している。また、現代光科学の学理の体系整理を進めつつ、知と技と発想力を有する博士人材を育成し、産学に送り出す仕組みの確立をめざし、光科学を軸としてイノベーションの創出と人材強化を加速している。